社会イノベーター公志園 » 吉岡マコ
挑戦者 吉岡 マコ
NPO法人マドレボニータ 代表理事


    25歳で出産し、産後の社会的サポートがなく、母子は社会から孤立することを実感。女性の自立支援をサポートすべく、産後ケアを行う教室を全国に展開。母子を取り巻く全ての人々や地域、NPO、行政、医療、教育機関等が連携した子育ての環境創りに取り組む。
  • NPO法人マドレボニータ

小口寄付プラットフォームであるJapanGivingにてチャレンジを実施中です。

産後ケアがあたりまえの世界をつくる

JapanGiving×公志園2015

伴走者

代表伴走者:塩川 哲也
(ゼロックス・コーポレーション在日代表 富士ゼロックス株式会社監査役)
山本 新
(株式会社ベネッセコーポレーション 中学生商品開発部 部長)
友田 雅明
(有限会社雅ブーケ・ド・ビアンカ 代表取締役)
嶋田 賢和
(前岩手県釜石市 副市長)

学生伴走者

相川 尚太
(上智大学 1年)

挑戦者の日常

現在まだ記事はありません。

 

写真で語る挑戦者の志

体と心の繋がり/出産後の心身のダメージと社会的孤立/離別

心と体への関心学生時代にダンスや演劇に惹かれ、体を動かすことの魅力と心への影響に興味を抱く。卒論のテーマは身体論、心と体の関係を追求する研究者になろうと大学院は身体運動科学科へ進学。出産研究者としての未来が 見えずに行き詰まっていた頃、若くしてひとり親になった友人の子どもを預かる経験から、婚姻や血縁に閉じないコミュニティの豊かさに触れる。その頃、縁あって妊娠、25 歳で出産。産後出産が心身に与えるダメージに愕然、ボロボロの体で子育てを開始。しかし、妊娠期間が終わると、母親への社会的サポートはなくなり、母子は社会から孤立するという現実を知る。子どもの父親との絆は脆く、産後8カ月のときに離別。

産後ケアの重要性の認識の欠如/産後うつ/乳児虐待/早期離婚

妊婦へのケアが充実している日本の母子保健は、国内の新生児死亡率を0に近づけ世界的に評価されている。 その一方で、旧来の文化的・教育的問題から、出産後のケアの必要性は認識されていない。その結果、産後うつ、乳児虐待、早期離婚、女性のM字カーブに象徴される就労意欲の低下など、産後が起点となるさまざまな問題が生じている。その解決のためには、母となる女性だけでなく、それをとりまく全ての人が、産後にも手厚いケアが必要であるという認識と、男女共に心身が健康な状態で子育てをスタートできるための知識と技術を持つことが必要である。それを実現するための社会的なインフラを構築するべくNPO、行政、企 業、医療、教育機関が協力することが必須である。

受けるケアと取り組むケア/エンパワメント/多地域展開

過去17年にわたる実践と研究の結果、産後1年間を、産褥期、リハビリ期、社会復帰期の3つの時期に分け、それぞれに必要な取り組みを定義した。「産後ケア」というと出産後1カ月位以内の入院サービスや訪問サービスなど「受けるケア」が多い。マドレボニータは「受けるケア」「取り組むケア」が必要であるとし、産後の養生だけでなく、本人の力を発揮できるようなリハビリと社会復帰までのエンパワメントまでが産後ケア であるとしている。リハビリ期のサービスとして、産後女性自らが取り組む総合的な産後ケアの教室を運営 している。教室を全国に広めるために、指導者の養成と認定の制度をつくり運営しているのも強みである。現在13都道府県に普及。

手を貸し合う文化/夫婦仲良く/十分な産後ケア/仕事で力を発揮

実現したい未来は、子どもが生まれてから育つ過程が、婚姻と血縁のなかだけに閉じられたものではなく、さまざまな人が関わり、手を貸し合うような文化が根付いた社会。近所の子どもを預かったり、産褥期のおうちにご飯をつくり にいったり。妊産後の心身がどういう状態でどんなサポートが必要か、赤ちゃんのいる生活がどういうもので、どんなおせっかいが必要かは、学校でも習うし、親や先輩など身近な人の行動を通して学ぶ。子育ての重責を母親だけが背負う必要がなく、夫婦仲良く、赤ちゃんや母親が犠牲になる悲しい事件もほとんどない。仕事で力を発揮する場は、男女差なく充分にあり、出産した女性は充分な産後ケアを経て、また社会で力を発揮することができる。男女ともに長時間労働がなくなり、職場、家庭、地域社会にバランスよく貢献することができる。

私たちは、挑戦者の志を応援しています現在の総支援者数:0

※支援メッセージの表示順はランダムです

公志園について

社会イノベーター公志園は、現在の世界、世界の中の日本、日本の地域社会・コミュニティの現状に対する大きな危惧 から生まれたイニシャティブです。詳しくは、http://koshien-online.jp/about/をご覧下さい。

現在、第四回公志園DVD製作志援メンバー募集中!