A 記事カテゴリ:

11月23日、伴走者の皆さんが福島においで下さって、双葉郡広野町にあるコットン畑での収穫祭に参加してくださいました。当日は高く澄んだ青空の下、お日様の恵みをいっぱい受けた薄茶色のコットンたちを一つ一つ収穫していただきました。昼食はブルーシートを広げ、おにぎりに特製野菜スープ、煮物、唐揚げ…の並ぶピクニック状態。50名ほどが一斉に頬張る楽しい昼食会になりました。午後は、公民館に移動して、「広野町の復興のためにできることは?」という重いテーマについて皆で話し合いました。広野町の住民の方からは、町の指示通りにはなかなか帰還できない住民の本音の部分のお話がありました。住民と外部からの者がこうして話し合う機会を持つことで、難しいことではあるけれども回答を見出すことができるようになるのではないかと思えました。吉田恵美子

 

こんにちは!楠木チーム学生伴走者の島袋です。

 

私たち楠木チーム伴走者は11月16日、楠木さんの活動の現場

神戸市にあります「チャイルド・ケモ・ハウス」へ訪問に行って参りました。

小児がんを患っている子どもと家族にとって理想の治療環境を創ろうと、

地域の行政や企業と協働しながら活動されている楠木さん。


 

入院経験のない方にはわかりづらいのですが、

病室内は狭く、無機質。長期入院を迫られる幼い子どもたちには苦痛です。

家族の寝る場所もなく、家族と暮らす普通の日常さえ叶いません。

そこでたまたま病気になってしまった子どもが制限を受けるのはおかしいと立ち上がったのが楠木さんです。

 

そんな楠木さんの想いがすべてつまったハウスは、

子どもたちのことを考え抜いた仕掛けでいっぱいでした。

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   11月30日(土)午後12時半より、同志社大学で関西公志園を開催!
       ~当日の模様は、USTREAMでもご覧頂けます~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
こんにちは。
公志園の統括運営責任者の野田智義です。

いよいよ今週末、晩秋の京都で関西公志園の開催です。

6か月にわたる公志園のプロセスですが、
関西公志園でのテーマは、未来ビジョン。

私たちの周りにあふれる課題と対峙し行動する挑戦者たちは、
一体、どんな未来を見ているのでしょうか。
その未来は、私たちにとって、どんな意味をもっているでしょうか。

自分の志がみんなの夢になるのが、リーダーシップという現象。

自分の志を、みんなの夢へと昇華するために、
共感と信頼の輪をどう拡げていくのか、いけるのか、
挑戦者たちの格闘は続きます。

目の前の現実と未来への願い。
内面の葛藤、迷いを抱きかかえながら進む挑戦者たちの
等身大の姿に触れていただき、
その挑戦の先にある未来を、ともに展望いただければ幸いです。

なお、当日の模様は、NTTコミュニケーションズのご協力を得て、
USTREAMで全国に配信します。

午後12時半より配信が始まりますので、PCやモバイル端末でご参加下さい。↓

【公志園HPより】
 http://koshien-online.jp/koshien2013-ustream/
【Facebookページより】
 https://www.facebook.com/events/349630995172510/

それでは、11月30日(土)に、現地で、あるいは、オンラインで、お会いできる
ことを楽しみにしています。

社会イノベーター公志園
統括運営責任者/副実行委員長

野田 智義  拝

=====================================================
       ◆◆◆関西公開相互志援会のご案内◆◆◆
=====================================================
日時:  11月30日(土)12:30~18:30

場所:  同志社大学今出川キャンパス良心館3階(RY305)
     京都市上京区今出川通烏丸東入
     アクセス:
     http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
     キャンパス地図:
     http://www.islmember.com/download/doshisyacampus.pdf

会費:  ご招待(無料)

定員:  180名

参加については、下記URLより、お申込みください。
URL:https://pro.form-mailer.jp/fms/23a7c48849183

尚、関西にお住まいの知人、友人、同僚に、ご案内いただければ幸いです。

アウトライン:

  総合司会
   小城 武彦(公志園副実行委員長、前丸善CHIホールディングス代表取締役社長)

<オープニング>
  開会挨拶
   今里 滋 (公志園実行委員、九州大学名誉教授法学博士、同志社大学政策学部
         教授、ソーシャル・イノベーション研究センター長)
  問題提起
   太田直樹 (公志園実行委員、株式会社ボストンコンサルティンググループ
         シニアパートナー&マネージングディレクター)
   野田 智義 (公志園副実行委員長、NPO法人ISL理事長)

<第三回出場者達のプレゼンテーションとフィードバック>
  当日の参加者の皆さんに、3つの小部屋に分かれて頂きます。
  少人数での、双方向のワークショップ形式で進めて参ります。
  USTREAMでの配信は、1部屋分のみとなりますので、ご了承ください。

出場者は以下の通りです。
  明石 祥子 (フェアトレードシティくまもと推進委員会 代表)
       【熊本、国際協力、56歳】
  阿部 裕志 (株式会社 巡の環 代表取締役)
       【島根隠岐、地域活性/人材育成、34歳】
  小野 邦彦 (株式会社 坂ノ途中 代表取締役)
       【京都、環境/農業、29歳】
  草野 竹史 (特定非営利活動法人 ezorock 代表理事)
       【北海道、環境/世代間交流、33歳】
  楠木 重範 (チャイルド・ケモ・クリニック 院長)
       【兵庫、医療、38歳】
  鮫島 弘子 (株式会社 andu amet 代表取締役兼デザイナー)
       【東京・エチオピア、国際協力】
  高橋 博樹 (特定非営利活動法人 伝統工芸活動支援会 京都匠塾 代表理事)
       【京都、伝統工芸技術継承、41歳】
  土井 佳彦 (多文化共生リソースセンター東海 代表理事)
       【愛知、多文化共生、34歳】
  中崎 ひとみ(社会福祉法人 共生シンフォニー 常務理事)
       【滋賀、障がい者福祉、49歳】
  橋本 めぐみ(有限会社 土遊野 取締役)
       【富山、農業/地域活性化、27歳】
  長谷川 琢也(ヤフー株式会社 復興支援室)
       【東京・石巻、IT/地域活性、36歳】
  毛受 芳高 (一般社団法人 アスバシ教育基金 代表理事)
       【愛知、教育、41歳】
  本村 拓人 (株式会社 Granma 代表取締役社長)
       【東京、国際協力、29歳】
  八木 健一郎(有限会社 三陸とれたて市場 代表取締役)
       【岩手、漁業/食の安全供給、36歳】
  吉田 恵美子(いわきおてんとSUN企業組合 代表)
       【福島、地域活性、56歳】

  出場者の詳細は、下記をご覧ください。↓
  ~顔写真をクリック頂くと、出場者達の活動内容の詳細がご覧になれます~
  http://koshien-online.jp/category/2013challengers/

<全体共有&講評>
  再び、参加者全員が大会場に集まり、各部屋の代表3名が発表し、
  観客全員で、全体フィードバックを行います。

  出場者へのエール
  門川 大作(京都市長)

  全体講評
  モンテ・カセム(公志園実行委員、学校法人立命館総長特別補佐)

  閉会挨拶
  深尾 昌峰(公志園実行委員、龍谷大学政策学部准教授、
    きょうとNPOセンター常務理事、公益財団法人京都地域創造基金理事長)

■本件のお問い合わせ先:
  社会イノベーター公志園事務局
   NPO法人ISL社会イノベーションセンター
    Eメール:2013@koshien-net.jp TEL:03-5226-6800
    担当 :田中千尋(たなか・ちひろ)、岡田暁子(おかだ・あきこ)
==================================================

*************************************************************
公志園NEWS
発行元 : 社会イノベーター公志園 運営事務局
(特定非営利活動法人アイ・エス・エル社会イノベーションセンター)
発行担当者:岡田暁子、七條晶子
e-mail:news@koshien-net.jp
facebook:http://www.facebook.com/koshien.net
*************************************************************

11月6日, 11日, 高橋チームの伴走者は高橋さんの活動拠点である京都府南丹市を訪問しました。

NPO法人京都匠塾の工房『息吹』は, 古い町家を改装した何とも趣き深い素敵な建物!

隣には工房で生まれた作品を販売する『motte』も併設されています。

 

店内には職人たちの熱い想いのこもった工芸品が美しく並んでいます。

 

いざ、工房 息吹の中へ!

11月9日、草野チーム伴走者は草野さんの活動拠点である札幌を訪問しました。

NPO法人ezorockの事務所は、中島公園近くの素敵な一軒家!

環境に配慮して、暖炉で暖をとります。燃やしている薪はezorockの活動で出来たもの。

     

 

この素敵な空間で、草野さん、ezorockスタッフの皆さん、そして伴走者でミーティングをしました。

「クロスセクター」を鍵にプログラムを運営してきた公志園。
第三回大会は「クロスセクター×クロスエイジ」に。

公志園事務局の瓜生原です。
ご存知の方も多いと思いますが、公志園では、出場者一人ひとりに、コーチング・メンタリング役を担う「伴走者」と呼ばれる方がついています。

バックグラウンドとしては、新規事業立ち上げや子会社の社長を経験したことのある企業の幹部クラス、コンサルティングファームのパートナーやプロのコーチ、中には一部上場企業の社長までいらっしゃいます。
前回大会までは、出場者と伴走者3名がチームとなり、約半年間のプロセスで、共に過去を振り返り、未来を展望していきましたが、
今大会から、各チームにひとりずつ学生が参加する「学生伴走者」制度を導入しています。

これまで公志園は、「クロスセクター」を鍵に活動を行ってまいりましたが、
公志園の輪の中に学生が加わることで「クロスエイジ」も実現します。

「第3回社会イノベーター公志園」への出場を決意し、大阪での開会式で度肝を抜かれてから1月半。関東大会を体験し、伴走者の方たちともお話をさせていただいて、ようやく公志園を通して目指していくところが見えてきたように思います。関東大会用に作成した動画を、機会があると周りの皆に見てもらいながら、次の京都大会への準備を始めています。

そして、11月23日には伴走者の方たちに福島・いわきにおいでいただけることになりました。現場にこんなに早く足を運んでいただけるとは、嬉しい限りです。その日は、今年丹精込めて育ててきたオーガニックコットンの収穫祭。今から楽しみです。吉田恵美子

現在、第四回公志園DVD製作志援メンバー募集中!