【開催報告】雪の舞い散る仙台で東北公志園を開催しました。
By 公志園事務局 2014年2月8日

おはようございます。
公志園事務局の瓜生原です。

大変遅くなりましたが、先日東北大学片平キャンパスにて開催した
東北公志園(第四回相互志援会)の模様をレポートいたします。

雪の舞い散る仙台で東北公志園を開催

前回大会の結晶大会にも出演していただいたave(エイヴ)さんにオープニングを飾っていただき、
今まで以上にエネルギーのある会となりました。
 
東北公志園で演奏していただいたaveさんには、
3月8日に立教大学池袋キャンパスで行われる結晶大会にも出演いただくことが決定しました!
aveさんの熱い想いを聴きにぜひ会場にいらしてください^^

■結晶大会観覧申込フォーム
http://atnd.org/event/2013koshien



事業構想WSを経て生じた気付きと迷い

東北公志園の前日、クローズドで事業構想をテーマとしたワークショップを行ないました。


自身の軌跡を振り返った関東公志園、未来ビジョンを描いた関西公志園。
それらのプロセスで深めた自身の想いを具現化するために、
3年後どのような事業を行っている必要があるのかと落としこんでいきました。

数時間のワークショップだけでは事業を描くことはできず……、
伴走者からのフィードバックによって得られた気付き、生じた迷いを抱えたまま翌日の東北公志園を迎えました。



掴んだ手応え、そして最終コーナーへ。

「ピッチャーゴロでした」と自分の想いが伝わらないことに歯痒さを感じながらも、
伴走者とのミーティングを重ねてきた出場者。

初めて分科会※1で代表発表者に選ばれた中崎さんを筆頭に、多くの出場者が「よく伝わった」「前よりもずっと良くなった」と、
伴走者と丁寧に育ててきた芽が、東北で実を結び始めました。


※1公志園では3つの分科会に分かれて出場者がプレゼンテーションし、「共感と信頼」を軸に各部屋から1名ずつ代表者を選出します

確かな手応えとともに終了した東北公志園。
気付けば結晶大会まで残された時間はあと僅か。
今大会も最終コーナーへ入っています。

再度出場者の活動現場を訪問する計画を立てているチームもあり、
ラストスパートの様相を見せています。

そして……。

本日は10年に一度という大雪の中、
名古屋で中部東海公志園が開催されます。

名古屋は初上陸となる公志園。
どのようなご縁が待っているのでしょうか。

今大会最後の地域公志園もみなさまのご尽力のお陰で満員御礼。
お時間のある方はぜひUstreamでご覧ください!


▼中部東海公志園はUstreamで!▼
http://koshien-online.jp/koshien2013-ustream/


▼3月8日結晶大会の観覧申込はこちら▼
http://atnd.org/event/2013koshien

レポーター

公志園事務局です。

現在、第四回公志園DVD製作志援メンバー募集中!