【開催報告】Hub京都にてミラーリングセッションを開催!
By 公志園事務局 2013年12月6日

こんばんは、事務局の瓜生原です。

12月1日、関西公志園の翌日、
Hub京都にてミラーリングセッションを行いました。

 

本セッションは、出場者、パートナーと伴走者のみのクローズドな形で行われるため、
その一部をみなさんにご紹介します。


会場は「京都家庭女学院」として戦後の女子教育に使われた建物。
能舞台が構えられ、庭には竹林が広がる京都ならではの空間でした。
 


前日、同志社大学で行ったプレゼンテーションの映像を鏡(ミラー)に見立て、
自身のプレゼンテーションを見つめ直し、相互にピアフィードバックを行いました。

聴き手にどのように見えているのか、自分自身のプレゼンを客観的に見ることで追体験します。
悪い面も直視しなければならず、公志園のプロセスの中でも最も堪えるセッション。

 

“こんなにも共感できないプレゼンだったとは……。”
“三回会えばわかってもらえるんだけど……。”
“皆さんからいただくフィードバックのどれを取り入れたらよいのかわからない。。”

出場者の皆さんからはこんな声が聞かれました。

前日のプレゼンテーションでは会心の出来だ!と思っていたものの、
仲間たちからのフィードバックで問題が露見する。

それぞれの課題が浮き彫りになるセッションとなりました。

昼食を挟んだ後、今までの活動を振り返り、
目指してきたものの変化、
ずっと大切にしてきたものは何か、
改めて見つめました。

そして、
10年後、20年度、どのような社会を創りたいのか、
そのときの自身の活動はどのようになっているのか、
出場者のみなさんに画を描いていただきました。

 

この理想の社会、活動を実現すべく、
2014年1月19日、東北は仙台で事業構想に挑みます。

9月に幕を開けた公志園も折り返し。
事業構想と出場者の活動の核心に迫っていきます。

自分たちの手で世界と未来を創る挑戦。
引き続き出場者たちへの応援を、よろしくお願いいたします!

▼Justgivingで出場者の挑戦を後押しする▼
http://koshien2013.justgiving.jp/

▼東北公志園の観覧申込はこちら▼
https://www.facebook.com/events/672403596104856/

▼遠方の方はUstreamにてご観覧ください▼
http://koshien-online.jp/koshien2013-ustream/

レポーター

公志園事務局です。

現在、第四回公志園DVD製作志援メンバー募集中!