公志園オンライン
2012社会イノベーター公志園 気仙沼決勝大会 USTREAM

スポンサー企業

    recruit

社会イノベーター公志園 決勝大会

時間:12:00~18:30 場所:気仙沼市民会館 大ホール
主催:気仙沼市、社会イノベーター公志園300人実行委員会
協力:NPO法人ネットワークオレンジ
特別協賛:気仙沼信用金庫、河北新報社、三陸新報社

http://kesennuma2012.koshien-online.jp/

二回目の開催となる社会イノベーター公志園。今回、その決勝大会は気仙沼市の主催となり、地元市民会館での開催となりました。
(市長からのメッセージ:http://www.youtube.com/watch?v=q-cYI-JrwEk&feature=player_embedded#!
オープニングを飾るのは阿木燿子・宇崎竜童夫妻が主宰するコーラスグループ「ひふみレインボー」。気仙沼市民コーラス隊とのジョイント・パフォーマンスで幕が開きます。
主人公は、地域、日本、世界が抱える課題に立ち向かい、その解決へ斬新なアプローチで挑戦する16名の社会イノベーターたち。3月の開会式から4ヶ月間に亘り、東京、福岡、大阪、仙台において人々の応援と支援を受けながら、自身の思いと活動アプローチ、未来ビジョンに磨きをかけてきました。決勝大会では、その集大成を、決意と覚悟に満ちたプレゼンテーションで披露します。
会場には、全国から、セクターを超えて、そして世代を超えて、1100人が集います。熱気、共感、気づき、発見、未来への鼓動・・・・。凛とした空気のなかに響く、エネルギーあふれる社会イノベーターたちの思いに耳を傾け、共に未来を描きます。

公志園とは?


プログラム

12:00- イントロダクション
  ■主催者を代表して 菅原 茂(気仙沼市長)

12:20- 社会イノベーター公志園の概要
公志園とは何か、何を目指すのか、どんなプログラムなのかを、公志園の中核実行委員が説明した後、本日の代表発表者7名をご紹介します。

  ■公志園の意義と目的
   実行委員長 :長谷川 閑史(武田薬品工業株式会社 代表取締役社長)
   副実行委員長:阿木 燿子(作詞家、作家、プロデューサー)
          大滝 精一(東北大学大学院経済学研究科長・教授)
          小城 武彦(丸善CHIホールディングス株式会社 代表取締役社長)
          鈴木 寛 (参議院議員、民主党政策調査会副会長)
 
  ■決勝大会までの歩み
   副実行委員長:野田 智義(副実行委員長 兼 公志園統括運営責任者、ISL理事長)
  
  ■全国大会出場者16人と、決勝大会・代表発表者7名の発表

12:40- 出場者プレゼンテーション(PART1)
代表発表者7名の発表に先立ち、その他の全国大会出場者9名をご紹介します。
それぞれの出場者が、開会式からの4ヶ月間にわたって作成してきた、自身の志、活動と未来ビジョンを紹介するショートムービー(約5分)を披露し、自身の想いを語りかけます。

─ 休憩 ─

14:25- 出場者プレゼンテーション(PART2)
代表発表者7名が、ショートムービーを披露したあと、その志と挑戦を語ります。
  司会:藤沢 烈(実行委員、一般社団法人RCF 復興支援チーム代表理事)

  ■代表発表者へのエール
   小宮山 宏(共同審査委員長、株式会社三菱総合研究所 理事長、東京大学 総長顧問)
   立野 純三(株式会社ユニオン 代表取締役、財団法人関西ニュービジネス協議会 会長)

  ■7名によるプレゼンテーション(途中、小休憩をはさむ)
  ■「志援」投票

─ 休憩 ─

17:10- インターミッション
観客の皆様の投票を加味して、審査委員会にて代表受賞者を選定します。審査委員会と並行して、ひふみレインボーと地元コーラス団の合唱をお楽しみください。第二回大会の出場者の応援のためにかけつけた、第一回大会出場者も登場します。

  ■スペシャル・パフォーマンス
  ■第一回大会出場者からの応援メッセージ

17:45- 審査発表と講評
審査委員会メンバーが、代表受賞者を発表し、全体講評を行います。
  ■審査プロセスの紹介
   藤森義明(審査委員長、株式会社LIXILグループ 代表取締役社長兼CEO)
  ■代表受賞者の発表と賞状授与
  ■審査員講評
   石川 治江 (共同審査委員長、NPO法人ケア・センターやわらぎ代表理事)
   大山 健太郎(共同審査委員長、アイリスオーヤマ株式会社代表取締役社長、社団法人東北ニュー
         ビジネス協議会会長)
   関戸 美恵子(一般社団法人SR 連携プラットフォーム代表理事)
   細川 佳代子(共同審査委員長、NPO法人勇気の翼インクルージョン2015理事長)


18:20- クロージング
全国大会出場者16人全員の4か月にわたる努力を会場全体で讃え、東北復興と日本再生への希望を共有し、次回公志園を展望します。

  ■色紙贈呈
  ■閉会挨拶~次回公志園に向けて
   長谷川 閑史(実行委員長、武田薬品工業株式会社 代表取締役社長)


18:30 閉会

現在、第四回公志園DVD製作志援メンバー募集中!