fujisawa_retz

社会イノベーター公志園 伴走者

藤沢 烈

RCF代表
NPO法人ISLフェロー
NPO法人ETICフェロー
BEAT(東京大学大学院情報学環ベネッセ先端教育技術学講座)フェロー

過去に伴走した出場者

佐野 恵一

株式会社旅のお手伝い楽楽 代表取締役

1.一言自己紹介

事業/プロジェクトナビゲーター。ETICフェローとして、チャレンジコミュニティ創成事業/NEC社会起業塾/東海若手起業塾/ソーシャルアジェンダラボ等の設立を支援。NPO法人かものはしプロジェクトなど社会事業やベンチャービジネス等30社の立上げに関与。

2.どんな社会を創りたいのか

国/企業等の組織の時代から、個人の時代への転換点にあると認識している。一人一人は個としての自覚を持ちながら他者と有機的に結びつくことができるか。組織/社会は、個を活かしながら時代の開拓をできるのか。個人主義でも全体主義でもない、一人でありかつ一つである個人・社会像を考え続けていきたい。個人と社会。日本と海外。貧困層と富裕層。社会的弱者と強者。若者と老人。男性と女性。住民と行政。営利と非営利。近代的思考の中で切り刻まれてきた概念をリデザインする存在として、社会起業家/社会イノベーターに期待を寄せている。

3.どんな風に人を支援したいのか

事業計画(what)や組織体(how)は100%変化する。しかし事業を持続できる人には原体験と哲学がある。今/ここで事業を開始する根源的な理由(why)が何かについて、起業家と共に考えていきたい。

4.なんのために伴走者をやっているのか

15年前からリーダー(であろうとしている人達)の応援を続けてきた。メディアの発行。サロン空間の提供。人的ネットワークの提供。経営面での助言/資金調達の支援。リーダー達と出会い、何らかの支えとることは、自分にとってのライフミッションである。

伴走者プロフィール

一橋大学卒業後、レストランバー経営、マッキンゼー社コンサルタントを経て独立。「日本の20代30代から、次世代のリーダーを輩出する」ためのプロデュース・講演活動を展開。ワークスアプリケーションズ社と組んだ「一人シリコンバレー創業プロジェクト」は、創業希望者に最大1億円の出資を行うスキームで注目を集めた。これまで30件以上の新規事業に関わり、複数社の社外取締役、経営顧問を務める。 NPO法人ETICフェロー、BEAT(ベネッセ先端教育技術学講座)フェロー、株式会社コネクティ監査役
現在、第四回公志園DVD製作志援メンバー募集中!