毛受芳高

こんにちは。毛受チーム学生伴走者の渡邉です。

昨日京都公志園が行われていたのですが、私は二日目のHub Kyotoのセッションから参加をしました。
この日では先日行われたプレゼンテーションの動画を見て客観的に観察し、どのように伝わっているのか出場者並びに伴走者を交えてFeedbackを行いました。

プレゼンの中身はもちろんの事ですが、伝わるプレゼンテーションにすることを阻害する仕草や口調が如実に見え、より伝わるストーリーテリングにするための課題が明確に出てきました。
本当に心打つプレゼンテーションは小さいキズさえも許されないのだと大変さをひしひし感じました。

少数のグループに分かれてのFeedbackを行ったのですが、話す人によって良い特徴、悪い特徴は違いました。偶然にも自分に足りないものは得意な人から学び取るというのを相互にできたので、私達のグループは学びのあるFeedbackTimeでした。

初めまして。

毛受チームの学生伴走者をしています渡邉です。

3月に立教大学にて行われる結晶大会まで定期的にMTGや各地で行われる志援会でどんな事を話したり、チームでどんな活動をしているのかこの場を借りて随時共有をしていこうと思います。

さて、私達毛受チームは11月22日に初伴走MTGを行いました。
全員集合!!…にはなりませんでしたが、社会人伴走者2名と私学生伴走者1名でISLクラスルームにて“関東公志園の発表の振り返り”に焦点を当てて議論を行いました。

現在、第四回公志園DVD製作志援メンバー募集中!