【活動報告】第三回本村チームMTG&忘年会!!
By 本村 拓人 2013年12月15日

こんにちは!
学生伴走者の篠崎です。

先週第三回本村チーム伴走ミーティングが行われました。

今回中心となった議論は前回の公志園に対するフィードバック、そしてそれを次回の東北公志園にどう生かしていくか。

プレゼンのストーリーは理解できるものであったか?
これからどう自分を出していくのか?

前回の関西公志園のワークショップで本村さんの話がすごくリアルに伝わった、という一場面がありました。
それは世の中の不条理のようなものに対する”怒り”から来る想い。
この素直な感情をもっと表に出していいのではないか、それが多くの感想でした。



さらに次回の東北公志園で発表する手書きの未来図について。
何を課題としているのか?
対象者(事業の)は誰なのか?

一つ一つの問いかけに
本村さんはじっと考え込み、
さらに伴走者それぞれも頭を抱え込んで悩んでいました。



本村さんが伝えたいことがたくさんあるからこそ、
伝えなければと感じていることが多いからこそ、
中々ストレートにみんなに届かないのかな
と思いました。
これは葛藤であると共にチャレンジ。
公志園の場で中々みんなに響かず、
伴走する者として
何とも言えないもどかしい思いをしたりしますが、
このチャレンジに本村さんは確実に立ち向かっていこうとしています。
会場からの声、伴走者の言葉を真摯に受け止め、
それを確実に自分の中に還元していこうとする姿は
何よりも自分のやっていることに誇りと使命感を感じているからなのだなと
改めて思いました。


2時間半ほどのミーティングを切り上げた後は、
忘年会へ。
まだまだ議論しきれていないものを腹におさめ、
月末に改めて話し合おうということで、足早にお店に向かいました。
場所は海産物をメインとしたスペイン料理のお店。
次々に運ばれてくる美味しい魚や貝類の料理をいただきながら、
いつもとは違い、少し肩の力を抜いてじっくりとお互いのことについて語り合うことができました。

初めて公志園以外での本村チームでの対話。
今まで知れなかったチームの皆様の様々な顔が見れて
なんだかとっても温かい気持ちになりました。


新年に向けて心機一転し、
年明けに本村さん自身、そしてチームとしても新たなスタートを切り出せたらなと思います。

これからも皆様の温かい応援よろしくお願いします!
それではまた来年!!



学生伴走者・篠崎ロビン夏子

レポーター

現在、第四回公志園DVD製作志援メンバー募集中!