【活動報告】東北へ向けて、第二回チームMTGを行いました
By 楠木 重範 2013年12月25日

こんにちは!
楠木チーム、学生伴走者の島袋です。


本日は東京で行われた第二回チームMTGについて報告いたします。


今回のチームMTGでは、伴走者と出場者を支えるパートナーが参加し、
出場者を支えるには何が必要なのかを明らかにしていきました。


出場者の楠木さんを支えるため、主に2つの議題について話していきます。



1つ目は事業構想について。

資金調達や施設の運営について、持続可能な仕組みにするためにはどうするべきか
話し合いは進んでいきます。
医療業界の業界用語が飛び交い、ついていけない場面もありましたが(笑)、
今後の体制やサポートの方法について作戦をたてていきました。


2つ目は出場者である楠木さんの想いや公志園でのプレゼンについて。


プレゼンで人の気持ちを動かすためには、揺るがぬ信念や自信が不可欠。
ここではご自身の覚悟をより人に伝えていくためには、
どのようなサポートが必要なのかについて、話し合っていきました。


「周りのサポートを得て建てたハウスに医療の魂を入れていくのが楠木さんの役目」


伴走者が仰ったこの一言がとても必要なことを体現しているのではないかと思います。


今回のMTGでは、伴走者側でサポートが必要な部分が明確になりました。
次回、東北公志園では楠木さんとの対話の中でより想いの部分に寄り添いつつ、
事業構想のワークショップに取り組んでいきます。


公志園のプロセスも中間地点を迎え、チームとしても佳境を迎えます。
引き続き楠木さんの応援・志援をよろしくお願いいたします!

レポーター

現在、第四回公志園DVD製作志援メンバー募集中!